加納和可子企画公演「結婚詐欺師の女」

女の罪状は結婚詐欺。騙し取った金は合計三千万円。
梅雨口刑事は取調室で不敵に笑う女・月子を前に狼狽していた。
取り立てて器量も色気もない、というかよく言っても下の上くらいの女が、
どのように男たちから金を搾り取っていったのか。


滑稽な男と女が織りなす、不気味なようで不気味じゃない前代未聞の人情劇。

原案 加納和可子 /脚本 福井しゅんや(fukui劇)
演出 寺戸隆之(ノアノオモチャバコ)

出演

加納和可子(大山劇団)
宮崎貴宜(劇団昴)

日程

2022.7.28(木)~7.31(日)

7月28日(木) 19:30
7月29日(金) 19:30
7月30日(土) 14:00 / 18:00
7月31日(日) 14:00
※受付開始・開場は、開演の30分前

会場

下北沢OFF・OFFシアター

東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
・京王井の頭線「下北沢駅」中央口改札より徒歩約3分
・小田急線「下北沢駅」東口改札より徒歩約3分

料金

<全席指定席>
・一般 3500円
・U25 3000円(25歳以下/要身分証)

スタッフ・協力

音響:葵能人(ノアノオモチャバコ)
照明:佐藤江未
舞台監督:HiRoE
美術協力:仁平祐也
演出助手:西村愛菜
映像撮影:吉田雅人
スチール撮影:仙洞田志織
宣伝美術:加納和可子
制作:佐藤結/片瀬直(大山劇団)/岸さやか

企画製作:加納和可子(大山劇団)
協力:ノアノオモチャバコ/fukui劇/劇団昴/大山劇団


企画概要

2019年に行われた大山劇団スピンオフ公演にて「楽屋ー流れ去るものはやがてなつかしきー」(作・清水邦夫)演出・出演を務めた加納和可子と、同公演第二幕「Laugh me tender.」脚本・演出を務めた福井しゅんやが手を組んだタイアップ企画。ジェンダー平等が掲げられる現代、真っ向から男女の無視できぬ性(さが)を扱う。演出にはノアノオモチャバコ寺戸隆之氏をお迎えする。今も耐え忍ぶ誰かにとっての笑える逃げ場所を。

新型コロナウィルス感染対策

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・出演者、スタッフのこまめな手洗い、手指の消毒を徹底しています。
・お客様にも劇場入口での検温をお願いしています。37.5度以上の発熱が見られた場合、ご入場をお断り致します。
・体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
・劇場入口、劇場内の各所に手指消毒用の消毒液を設置しています。
出演者等へのプレゼント、面会、出待ちはお断りしています
・座席、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒を行っています。
・お客様対応スタッフは[マスク]を常時着用しています。
・受付、物販等の窓口には[アクリル板]を設置しています。
・万が一の際の緊急連絡先把握のため、当日、お客様のお名前、ご連絡先の記入をお願いしています。